BLと少年愛の研究室

【BL小説】凪良ゆう『美しい彼』感想~世界で一番君が好き~

ここ最近、BL小説にどっぷりはまっています。
学生の頃は、図書館にあるような文豪の作品に出てくる少年同士の同性愛の描写にドキドキしていたものです。
でも、表紙や挿絵を一目見ただけでそれと分かってしまう、いわゆる「BL小説」と呼ばれる分野には、無駄なプライドと書店員さんや司書さんに本を差し出す羞恥心が相まって手を出せずにいました。

子ども時代に抑えていた欲望は、大人になって歯止めが利かなくなる・・・
まさにそんな言葉通り、現実の恋愛に失敗し、金を自由に使えて羞恥心もなくなったこの年になって、狂ったように読みふけっています。
昔の自分を殴りたい!!素晴らしい、心震わす作品がこれほどまでにたくさんあるのに、なぜ読まなかったんだ!!!

今回は、興奮冷めやらないままに、さきほど読み終わった凪良ゆう先生の『美しい彼』の感想を書いてみます!!
こちらの作品は、2作目の『憎らしい彼』、3作目の『悩ましい彼』 に続く第1作目です。

こちらの作品、葛西リカコ先生の描く挿絵がとっても美しいのです。
まさに「美しい彼」という存在を視覚的に納得させてくれます。

            

            (楽天ブックスに飛びます)

           

こんな美少年がいたら、それは恋に堕ちますよ。
しかし、この恋、読者にとってはとってももどかしいのです。 

❤『美しい彼』のカップル❤ 
平良(ヘタレ攻め)× 清居(俺様美人受け)

 

あらすじ

吃音持ちの高校二年生・平良(ひら)は、クラス替え初日の自己紹介で言葉に詰まってしまったことをきっかけに、クラス最底辺の烙印を押されてしまう。
そんな彼だが、クラスの頂点に君臨する美貌で冷酷な清居(きよい)に一目で心を奪われ、崇拝するようになっていく。パシリにされても、「きもい」と言われても、喜びすら感じてひたすらに忠誠を尽くす。やがて、高校を卒業して再会した二人だがー。

 

★以下、ネタバレしている部分がありますので、ご注意ください★

 

 

 

 

『美しい彼』のここが素敵❤① 一途な受けが可愛い!!

私は、一途な愛が大好きです。
ずっと両片思いでもだもだしながらも、時間をかけて愛が実る話が好きです。
『美しい彼』はまさにそんなお話なんです。

最初の平良視点の物語を読んでいるうちは、「こいつらに愛なんて芽生えるのか?」とか、「これ、いじめなのでは・・・」とか心配になりましたが、大丈夫。
振り回されるのは俺様受けの清居の方です。

 

平良が忠誠を尽くすのは、清居だけで、清居が嫌な奴に絡まれていたら、そいつに殴りかかってボコボコにします。
清居は、そこまでされると思っていなかったのでびっくりし、そこからぶっ飛んだ忠誠心を自分に向ける平良に心をとらわれていきます。 

Amazonのあらすじには、「スクールカーストLOVE!」とあったので、どこか金持ちの集まる、学生も頭のおかしい学園を舞台にしているのかと思ったら、普通の学校が舞台でした。
清居も、確かに我がままで口が悪いところはありますが、普通の10代の男子高校生だったんです。安心。

 

高校卒業後再会し、平良に「触ってほしい」「愛されたい」と思っても、平良は高校時代と同じように清居を「キング」と崇めているばかりで、一歩を踏み出してくれない。
平良に手を出してもらうために、いつもは俺様な清居が、爽やかな笑顔を見せてみたり、上目遣いしてみたりと頑張る様が、もう、めちゃくちゃ可愛いんです!!!

しかも、芸能界にも入って男女問わずモテモテな清居、実はファーストキスは平良で、それからも誰とも付き合ったことがない、というのがまた萌えポイントです。

『美しい彼』のここが素敵❤② 平良と清居の会話が面白い!!

もう一つの見どころは、超絶ネガティブな平良と、ツンデレな清居の会話が面白くてしょうがない、ということです。私、読みながら爆笑してました。

「おまえがきもいって言ってんだよ」という清居に対し、「うん、俺はきもいよ。清居くんは綺麗だ」とか、

趣味のカメラで清居を撮りながら「清居くん、すごく綺麗だ」とつぶやく平良に対し、「エロカメラマンか」と言われたり。

お互い口下手だから、ぽつぽつとしか話さないんですが、その会話が面白いです。

『美しい彼』のここが素敵❤③ 自分勝手な清居に救われた平良

こちらの小説、萌えポイントの他に、平良の救済も私にはポイントでした。
平良は、最初の頃はいじめの自殺のニュースを見ては、自分もそうなるのでは、なったらだめだという恐怖と戦っていました。
平良に同情はしても救ってくれない周囲に対し、清居は、自己中心的な理由で平良を救います。
世間でいう「良い」価値観が、当事者には当てはまらない、そういうこともある、ということに共感しました。

 

先日、『おやすみなさい、また明日』も読みましたが、 凪良先生の小説は、優しさがあふれていますね。
『美しい彼』、すごく引き込まれました!!
続編はまだ読んでないので、これから読んでみます。

Kindleでも読めますので、リンク張っておきます↓】